◇◇キャリー・マリガン/Carey Mulligan ◇◇

1985年、ロンドン生まれ。高校在学中に講演のために来校した名優ジュリアン・フェロウズに芝居への情熱を伝えたことで、『プライドと偏見』(05)に出演するきっかけを掴む。映画デビュー作となったこの作品では、主演女優キーラ・ナイトレイ扮するエリザベス・ベネットの妹キティを演じた。その後は2005年から2007年にかけて「ブリーク・ハウス」「奥さまは首相 〜ミセス・プリチャードの挑戦〜」「アガサ・クリスティー ミス・マープル2 シタフォードの謎」「ノーサンガー・アベイ」「ダニエル・ラドクリフのマイ・ボーイ・ジャック」といったTV作品に出演。アナンド・タッカー監督の人間ドラマ『And When Did You Last See Your Father』(07)では、ジム・ブロードベント、コリン・ファースと共演した。そしてキャリアの大きな転機となったのは、ロネ・シェルフィグ監督、ニック・ホーンビィ脚本の青春映画『17歳の肖像』(09)。はるか年上の男性との出会いによって大人の世界をのぞき込む少女を演じたこの映画で、“21世紀のオードリー・ヘプバーン”と評されるほどのみずみずしい魅力を放ち、アカデミー主演女優賞にノミネートされるなど賞レースを賑わせた。

(『ウォール・ストリート』プレスより引用)


●トマス・ハーディ原作、トマス・ヴィンターベア監督、ジュノー・レンプル、マイケル・シーン、マティアス・スーナールツ共演の『Far from the Madding Crowd(原題)』(14)は製作中。

▼ジョエル&イーサン・コーエン監督、オスカー・アイザック、ジョン・グッドマン、ギャレット・ヘドランド、ジャスティン・ティンバーレイク共演の『インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌』(13)は、2014年5月30日(金)よりTOHOシネマズ シャンテほか全国公開。

▼バズ・ラーマン監督、レイナルド・ディカプリオ、トビー・マグワイア、ジョエル・エドガートン共演の『華麗なるギャツビー』(13)は、2013年10月9日ブルーレイ&DVDリリース。

 

インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌 (2013)
華麗なるギャツビー (2013)
SHAME―シェイム― (2011)
わたしを離さないで (2010) ※監督インタビュー
ウォール・ストリート (2010)
マイ・ブラザー (2009)

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

back topへ



■home ■Movie ■Book ■Art ■Music ■Politics ■Life ■Others ■Digital ■Current Issues